2014年11月05日

古くなったガーデンテーブルとポストの塗り替え

ガーデンテーブル色塗り
30年前に家を建てた時に両親が買ったアルミ製のガーデンテーブルセット。長い間雨風にさらされ、かなり錆が目立つようになってしまいました。実際のところあまり座ることはないですが、エクステリアとして玄関付近に置いてあるので、せっかくなので自分で補修してみました。

水性ペンキで上から塗装


ガーデンテーブル色塗り

ガーデンテーブル色塗り
補修前はこんなん。汚れと錆で汚すぎて触りたくもなくなるぐらい。真っ白だったのに時間が経つと劣化するものなのねー…。と言うことで、ホームセンターで買った水性の白ペンキでサササッと上から塗っていきます。DIYと言っても補修作業なので、ただ何も考えずに塗っていきます。

新品のように蘇る


garedentable.jpg
結構細かい柄が入っていたので、テーブルと椅子を全部塗るとかなりの時間がかかってしまいました。が、なんとか完成!ペンキで塗っただけでも新品のように真っ白に仕上がります。でもこれからもまた汚れるので、定期的に手直しは必要ですが。

ついでにポストも直してみた


ポスト色塗り
で、ついでにポストも補修しとこうと思い立ち。こちらも30年前の年季モノ。全然使うことはできるんですが、錆がかなり目立っていました。長い間お疲れ様。

定期的に補修しよう


ポスト色塗り
こちらも同じく白色だったので、白ペンキで上から塗っただけ。テーブルよりは複雑ではないので簡単に仕上がりました。外に置いてあるものはどうしても汚れてしまったり錆びてしまったりするので、常に気にしてなきゃね。特に玄関付近のものは家の顔なので、きれいにしておきたいなと思ってます。



使ったもの



  • 水性ペンキ

  • ハケ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。