2015年05月15日

ヨーロッパ庭園のようなバラの庭を目指して

バラガーデニング
そろそろ庭のバラが満開を迎えています。雑誌やテレビなどで紹介されるような素晴らしいバラガーデンには遠く及びませんが、母の趣味で結構バラが増え、いつもより少しだけゴージャスな庭を楽しんでいます。

たくさんの花が庭に咲く


バラガーデニング
私は庭のDIYには力を入れていますが、ガーデニングはめっきり。花好きな母に任せきり…。なので花の種類などについては全く分かりませんが、たくさんの種類のバラが咲いているのは確か。もちろんこの時期はお花がたくさん咲く時期で、パンジーやビオラなどのお花もたくさん咲いています。

愛され続けるバラの花


バラガーデニング
バラはいつの時代も大人気のお花ですから、その種類の数もとにかく多い。バラ園などに行くと、これもバラなの?と目を疑うようなものまでたくさんありますもんね。他の花にはない華やかさがあり、庭に少しあるだけでも存在感があります。

ブルーヘブンは岐阜発祥


バラガーデニング
"美しい"ものから"かわいい"ものまで、色によって姿も全然変わってくるのがバラの特徴。バラは青いものはないと言われますが、最も青色に近い「ブルーヘブン」と言う品種は、私が住んでいる岐阜県が発祥の地なんですよ。プリザーブドフラワーなら何色でもありだけどね。

バラのアーチ


baragarden05.jpg
冬に剪定してもらったバラのアーチ。剪定時にはほとんど枝を切り落としてスカスカ状態だったのが、時期が来るとちゃんとこんなにも生えてくるんだねー…。逆にちょっとモコモコになり過ぎな気も……。来年はもう一つアーチが欲しいところ。次はピンクで。

素敵な庭を夢見て


バラガーデニング

バラガーデニング
毎年ちょっとずつバラの種類も増えているので、いつかは紅茶が似合うヨーロッパ庭園のような庭を目指したい。きれいな庭だと外に出たくなりますもんね。バラの時期が終わってしまうのがなんだかもったいない。ずっと咲いていればいいのに…と思う私なのでした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。